路線図

JR中央線の路線図と停車駅

各駅停車

中央線の各駅停車は、時間帯や区間によって行先や電車の色が異なる。中央線の電車(オレンジ)が走る時間帯、総武線各駅停車の電車(黄色)が走る時間帯、また混在して走る時間帯がある。

日中の各駅停車は、黄色帯の総武線が千葉方面~御茶ノ水~三鷹駅間を走り、神田・東京方面へは行かない。オレンジ帯のいわゆる中央線は快速や特快で走る。

三鷹~御茶ノ水間は、中央・総武緩行線の線路を走り、快速の停まらない東中野、大久保、代々木、千駄ヶ谷、信濃町、市ヶ谷、飯田橋、水道橋にも停車する。三鷹~中野駅間は東京メトロ東西線が直通運転する

早朝深夜の上りは、東京行きが中央線の車両(オレンジ)、総武線直通の千葉行きや津田沼行きは総武線(黄色)の車両で運転される。

下りは夜間に、総武線から直通する武蔵小金井行き、立川行きなどもあり、三鷹以西は複々線から複線に減少になる為、夜に遅延が発生すると三鷹駅に快速と各駅停車が何本も立ち往生する=どれが先に発車するのか乗客には分かりづらいことが良くある。

中央線と総武線を直通運転する運転系統を中央・総武緩行線と呼ぶが、利用者の感覚的にはどこ行きだろうとオレンジなら中央線、黄色なら総武線となる。

快速

単に中央線と言えば快速のことを指すことが多い。快速と言っても平日の中野以西、土日祝日の吉祥寺以西は各駅停車と同じで、駅表示も「各駅停車」となる。

土日祝日は西荻窪、阿佐ヶ谷、高円寺を通過するが、中央・総武緩行線が遅延すると、臨時停車することがある。

平日の上りはほぼ全て東京行きで走る。 平日の夜と土日の朝は新宿行きもあるが、これは平日は新宿始発の下り快速がある為、土日は新宿始発のホリデー快速がある為。また遅延時にも新宿行きに変更される場合がある。

ちなみに駅放送などでも「中央快速線」と呼ばれることあるが、一部の鉄道ファンからは、正確な名称ではないと指摘されることがある。ただしJR東日本のプレスリリースや資料でも「中央快速線」を表記されることがあり、利用者が正式名称を気にする必要はない。

中央特快

特快(とっかい)とは特別快速のこと。立川以西、中野以東は快速と同じ停車駅。快速の停まる国立、西国分寺、武蔵小金井、東小金井、武蔵境、吉祥寺、西荻窪、阿佐ヶ谷、高円寺を通過する。

※2017年3月4日ダイヤ改正で新宿始発の中央特快はなくなった:下り新宿始発の中央特快は中野を通過するので注意。

青梅特快

中央線内は中央特快と同じ停車駅。下りは立川から先は青梅線に入り、青梅線内は各駅停車となる。上りは青梅始発の東京行き。

大幅に遅延すると青梅特快の八王子行きといった珍表示で走る場合がある(折り返しが八王子始発の青梅特快となる場合もある)。

» 青梅線の路線図

通勤快速

平日の夕方から夜にかけて、下り限定で走る。 特快の停車駅に加えて荻窪、吉祥寺に停車する。 三鷹、国分寺で快速または各駅停車と接続することが多く、吉祥寺から武蔵境以西へ行く場合にも便利。

特別快速は略して「特快」と呼ばれるが、通勤快速を「通快」と呼ぶ人は少ない。

通勤特快

平日通勤時間帯の上りに数本だけ走る。 大月・高尾始発は、八王子・立川の順に停車する。 青梅始発は青梅線内の各駅に停車する。

国分寺の次は新宿となり、三鷹を通過する。 ただし朝の渋滞時間帯であり、スピードも出せず、国分寺-新宿間の所要時間は快速とたいして変わらない。

体調が悪くなった乗客を対応する為に、通過駅に臨時停車することがある。混雑が激しく、国分寺-新宿間はノンストップとなるので、体調の優れないときには乗らないほうが良い。

むさしの号(八王子~国立~大宮)

中央線・武蔵野線を直通運転する武蔵野線。武蔵野線もオレンジ色を採用しているので、乗り間違いに注意。2014年3月17日のダイヤ改正で、中央線内も各駅停車となった。205系、209系で運転される。

ホリデー快速おくたま・あきがわ

土日祝日に運転される中央線・青梅線を直通する列車。中央線内は特快と同じ停車駅、青梅線内は通過駅がある。東京・新宿~拝島駅間は、おくたま号6両+あきがわ号4両が併結運転され、おくたま号は奥多摩まで、あきがわ号は武蔵五日市まで走る。

ホリデー快速ビューやまなし

一部期間の土日祝日に運転される臨時列車。新宿~小淵沢駅を走り、週末の山梨・長野方面への日帰り旅行に利用される。自由席は普通乗車券(Suicaなど含む)で利用できる。2階建の215系で運転。

特急列車

» JR中央線・中央本線の特急列車

» ページトップへ戻る