青梅特快の基礎知識

青梅特快
E233系

読み方:おうめとっかい
英語表記:Ome Special Rapid

運転時間:終日
運転区間:東京~青梅、高麗川→東京、武蔵五日市→東京
路線:JR中央線、JR青梅線、JR五日市線、JR八高線

車両:E233系0番台 10両編成(五日市線内6両、八高線内4両)
座席:全車自由席のロングシート
グリーン車:なし(導入予定)
トイレ:なし(一部編成の4号車に設置済み)

停車駅

中央線内(東京~立川)

東京、神田、御茶ノ水、四ツ谷、新宿、中野、三鷹、国分寺、立川

青梅線内は各駅停車(立川~青梅)

JR青梅線内の立川~青梅駅間。

JR五日市線直通とJR八高線直通の青梅特快は、2022年3月12日ダイヤ改正で廃止。最終運転日は、2022年3月6日(土)。

通過する駅

水道橋、飯田橋、市ケ谷、信濃町、千駄ケ谷、代々木、大久保、東中野

高円寺、阿佐ケ谷、荻窪、西荻窪、吉祥寺、武蔵境、東小金井、武蔵小金井、西国分寺、国立

立川では中央線ホームで発着

立川では中央線の下り5・6番線ホーム、上り3・4番線ホームで発着する。

下りの立川駅ホームでは、中央線の八王子・高尾方面の各駅停車と同じホーム(向かいの番線)で乗り換えできる場合がある。

また上りの立川駅ホームでは、快速の東京行きに同じホーム(向かいの番線)で乗り換えできる場合がある。

快速・各駅停車との待ち合わせ駅

青梅特快は、途中の三鷹と国分寺で先を走っている「快速」または「各駅停車」との待ち合わせがある。

「快速」または「各駅停車」は、同じホームの向かいの番線に停車しており、そのまま乗り換えができる。

例えば下りでは、東京から国立へ向かう場合、青梅特快に国分寺まで乗り、国分寺で待ち合わせの快速または各駅停車に乗り換える。

上りでは、拝島から吉祥寺へ向かう場合、青梅特快に三鷹まで乗り、三鷹で待ち合わせの快速に乗り換える。

青梅線内のドア開閉はボタン式

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自動開閉に変更中(一部駅の停車中はボタン式を実施)

青梅線内では、ドアの開け閉めは、ドア横のボタンを押す必要がある。

東京駅から直通する青梅特快でも、ドアの開閉はボタン式なので、駅で降りるときにはボタンを押して下車する。

始発駅

青梅特快の始発駅は、下りが東京のみ、上りが青梅の3駅のみ。

大幅な遅延が発生してダイヤが乱れると、新宿始発などの青梅特快が運転されることがある。

また遅延の影響で、青梅線との直通運転が取り止めになると、立川始発の上り青梅特快(おうめとっかい)が運転されることがある。

行先

上り

下り

過去、大幅にダイヤが乱れたときに、八王子行きの青梅特快が走ったことがある。

土休日のホリデー快速おくたま・あきがわ

土曜日・日曜日・休日に運転される「ホリデー快速おくたま・あきがわ」は、東京~立川駅間の中央線内は中央特快と同じ停車駅だが、青梅線内は通過駅がある。

「ホリデー快速おくたま・あきがわ」は、中央線の駅放送では「ホリデー快速」のほか「特別快速」などと案内される。

青梅特快と同じ車両で運転され、全車自由席。通常の快速や青梅特快と同じように乗車できる。

東京駅からの所要時間

駅名通勤特快中央特快青梅特快通勤快速快速各駅停車
東京始発始発始発
神田2222
御茶ノ水4444乗換
水道橋通過通過6
飯田橋通過通過8
市ヶ谷通過通過10
四ツ谷999912
信濃町通過通過14
千駄ヶ谷通過通過16
代々木通過通過18
新宿1414141420
大久保通過通過22
東中野通過通過24
中野1919191927
高円寺通過通過2129
阿佐ヶ谷通過通過2331
荻窪通過通過242533
西荻窪通過通過2836
吉祥寺通過通過283038
三鷹2828313341
武蔵境通過通過35
東小金井通過通過37
武蔵小金井通過通過40
国分寺35353843
西国分寺通過通過45
国立通過通過47
立川41414450
西立川444753
東中神464955
中神485157
昭島505359
拝島535662
牛浜565965
福生586167
羽村616470
小作646773
河辺677076
東青梅707379
青梅727581

» ページトップへ戻る